ページ内を移動するためのリンクです。
お知らせ
現在表示しているページの位置です。


受けていますか?「乳がん検診」

2021年01月14日

 新年あけましておめでとうございます。

本年も組合員の皆様が健康で元気に過ごせますようサポートさせて頂きます。よろしくお願いいたします。

 さて、2月7日までの期間において、緊急事態宣言が11都府県に行われれました。関西圏では、大阪府・兵庫県・京都府が含まれています。

今回の宣言では、対象地域の住民には不要不急の外出や移動については自粛するように要請されております。

しかし、出勤や通院、散歩など生活や健康の維持に必要な外出や移動は自粛の対象から除かれており、

感染を恐れて、過度に医療機関への受診を控えることは問題とされております。

 治療が必要な方が治療を受けないということは、疾病の悪化を招く可能性があります。

場合によっては取り返しのつかない事態にもなりかねません。

自己判断で治療を中断することのないよう、必ずかかりつけ医やかかりつけ歯科医に相談しましょう。

 また、生活習慣病や早期がんは無症状であることも多く、定期的な健康診断やがん検診は早期発見・早期治療のためには欠かせません。

コロナ禍でも、健康診断・がん検診はご体調を整えてご受診下さい。具体的な感染対策については、各健診機関にご確認下さい。

 今回のOTG健康たよりは「乳がん検診」についてです。乳がんは女性にとって罹患者数第1位の疾患にも関わらず、

乳がん検診の受診率は47.4%(全国の40~69歳において 国立がん研究センターがん情報サービスより)と先進国の中でも非常に低い値となっております。

乳がんは早期であれば90%以上が治癒します。早期がんのうちに見つけることが非常に重要です。

今回のOTG健康たよりをご一読頂き、40歳以上の女性の方で、ここ2年のうちに乳がん検診を受診されていない方は、

ぜひ乳がん検診を受診されることをおすすめいたします。

ページトップへ