ページ内を移動するためのリンクです。
お知らせ
現在表示しているページの位置です。


OTG健康だより「毎日の体重測定で生活習慣病予防を始めよう」

2019年08月27日

今年の夏も暑かったですね!!組合員の皆様におかれましては、ご体調崩されることなくお過ごしでしたでしょうか?

暑い夏が終わってやってくるのは食欲の秋!美味しい食べ物が増えるのは嬉しいですが、体重が増えるのは悩ましいところ・・・。

そこで、2018年度の当組合の健診結果から、体重と腹囲に関する割合を男女別に以下の区分で出してみました。(40~74歳のみ)

①体重と腹囲ともに適正範囲の方※1 ⇒ 男性47.3% 女性83.3%※2

②体重のみ適正範囲を超えている方 ⇒ 男性1.8% 女性4.8%

③腹囲のみ適正範囲を超えている方 ⇒ 男性20.6% 女性1.8%

④体重も腹囲も適正範囲を超えている方 ⇒男性30.4% 女性10.1%

※1体重はBMI<25が適正範囲 腹囲は男性<85cm 女性<90cmが適正範囲

※2国民健康調査結果 男性39.5% 女性72.7% 

男女ともに①の割合は国民健康調査の結果を上回っており、当組合では体重と腹囲ともに適正範囲を維持されている方が多いという結果になりました。しかし、男性においては約半数の方の腹囲が適正範囲を超えています。「お腹のぽっこりが気になるなぁ・・・。」という方が多いのかもしれませんね!体重をコントロールして内臓脂肪が減少すれば、腹囲も減ってきます。これは生活習慣病を予防する上でも非常に重要です。

うっかり体重が増えていた!ということのないように、この秋は毎日の体重測定で生活習慣病予防を始めてみませんか?

ページトップへ