ページ内を移動するためのリンクです。
お知らせ
現在表示しているページの位置です。


健康たより⑤「たばこのない人生を選びませんか?」

2020年04月13日

 緊急事態宣言が発令され、皆様、人との接触を避けた生活をお過ごしのことと思います。

今まで出来ていたことが出来なくなるストレスは、誰にとっても非常に大きなものとなっているに違いありません。

しかし、ここは発想の転換です!こんなにご自宅で過ごす時間が確保できるのも、今しかありませんよね!

仕事の帰りが遅く、なかなか家族との時間が持てなかった方は、家族と一緒に食事をして、色んなお話しをすることができます。

仕事の疲れが溜まり、休みも寝て過ごすことが多かった方は、部屋の片づけや近所を散歩するのも良いかもしれません。

ぜひ、この時間を有意義なものとして、いつかあの時間があって良かったと思える過ごし方を見つけてみませんか?

 

 健康保険組合としては、この時間を有意義なものにするために「禁煙へのチャレンジ」を提案します!

喫煙が原因とされる病気には「がん」「虚血性心疾患」「脳卒中」「COPD」など命にかかわるものが多くあります。

もし、あなたが喫煙者ならば、急にこれらの病気にはならずとも、毎日着実にこれらの病気になる道を歩んでいます。

また、新型コロナウィルスに感染した際に重症化するリスクの1つに「喫煙」が挙げられています。

 

 今年の健康診断の結果を確認してみて下さい。基準値を超えている項目はありませんか?

それは、もしかすると喫煙の影響によるものかもしれません。身体からのサイン、気づいてあげて下さいね。

 

 OTG健康保険組合における2018年度の健診結果から、BMI別に非喫煙者と喫煙者の有所見率を比較しました。

その結果が以下です。(BMI 25以上で肥満と判定されます。)

 

<BMIが25未満> 

   検査項目                    非喫煙者  喫煙者

HDL(善玉)コレステロール <40(mg/dl)    1.5%    5.2%

LDL(悪玉)コレステロール  ≧140(mg/dl)   30.4%   29.7% 

中性脂肪≧150(mg/dl)              14.8%   22.5%

収縮期血圧(いわゆる上の血圧)≧140(mmHg)    5.5%   6.9%

拡張期血圧(いわゆる下の血圧)≧90(mmHg)    6.0%   7.8%

空腹時血糖≧126(mg/dl)             3.1%   4.3%

HbA1C(直近1~2ヵ月の血糖の平均値)≧6.5(%)  4.1%   5.0%

 

 喫煙者はLDLコレステロール以外の検査項目において、非喫煙者より有所見率が高い結果となりました。

LDLコレステロールだけ非喫煙者の有所見率が高かったのは女性の割合が多いからと推測されます。

(受診した女性のうち76%がBMI25未満の非喫煙者)

 

<BMIが25以上>     

 検査項目                     非喫煙者    喫煙者

HDL(善玉コレステロール)<40(mg/dl)     7.1%    11.5%

LDL(悪玉コレステロール)≧140(mg/dl)     41.6%    44.3%

中性脂肪≧150(mg/dl)              30.0%     44.3%

収縮期血圧(いわゆる上の血圧)≧140(mmHg)     10.9%   13.5%

拡張期血圧(いわゆる下の血圧)≧90(mmHg)       14.2%   16.6%

空腹時血糖≧126(mg/dl)            11.6%    11.1%

HbA1C(直近1~2か月の血糖の平均値)≧6.5(%)  13.1%   14.9%

 

 BMI≧25での非喫煙者・喫煙者を比較すると、空腹時血糖以外の検査項目において、喫煙者の有所見率が高くなっています。

そして、同じ喫煙者においても、BMIが25以上と25未満とでは有所見率にかなりの差がみられます。

BMI≧25と喫煙が重なることで、さらにリスクが高まることが予測できます。

ページトップへ